スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死因究明研究会、29日から=制度のあり方を議論-警察庁(時事通信)

 犯罪死の見逃し防止を向上させるため、警察庁は21日、死因究明制度のあり方に関する研究会を29日に立ち上げると発表した。メンバーは法医学や歯科学などを専門とする大学教授と、同庁や法務省の幹部ら計10人で、座長は前国家公安委員の佐藤行雄日本国際問題研究所副会長が務める。
 研究会は月1回のペースで開催。12月から来年1月をめどに最終報告をまとめるが、「夏ごろまでに一定の方向が出れば、施策を2011年度予算に盛り込みたい」(同庁)としている。 

外国人医療・介護従事者の受け入れ推進を―法相懇談会(医療介護CBニュース)
税収減でも積極予算 22年度・都原案 一般歳出1.9%増の4兆6289億(産経新聞)
名実逆転のデフレ続く=10年度経済見通しを閣議決定(時事通信)
「党大会に合わせた逮捕」小沢幹事長、検察と対決姿勢(産経新聞)
<普天間移設>沖縄知事「県内では辺野古以外ない」(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。