スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主力級の種牛5頭陰性…4回目検査(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、県は26日、経過観察中の主力級種牛5頭について、25日に採取した検体が陰性だったことを明らかにした。

 7回の検査のうちの4回目。

 一方、一般家畜の感染拡大は続いており、25日夜には新たに同県川南(かわみなみ)など4町、26日には3町の計18農場が加わり、発生(疑い例も含む)は2市5町の218施設、殺処分される家畜は合計15万2357頭に達した。木城町(きじょうちょう)では、豚3頭がワクチン接種の2日後に発症したことが判明。県は「ワクチンの影響ではなく接種の効果が出る前に発症した」と説明している。

普天間移設「辺野古」を日米首脳間で確認へ(読売新聞)
ブタの啓発カーで投票よびかけ シャボン玉噴射も(産経新聞)
昨年度の医療用薬市場は6.3%増の8兆8968億円(医療介護CBニュース)
★独自★関学生らデリヘル経営、逮捕 少女雇い多額利益(産経新聞)
<サイバー大学>世界遺産学部の募集停止へ(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。