スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ITなしに孤独死は防げない」(医療介護CBニュース)

 NPO法人「人と人をつなぐ会」は8月上旬をめどに、東京・戸山団地で「見守りケータイサービス」を本格的に開始する。月額1050円の低価格で、高齢者でも操作が簡単な携帯電話を貸し出し、各種相談を受け付けたり、見守り支援サービスを提供したりすることで、社会問題化している「孤独死」の防止を目指す。「IT(情報技術)なしに孤独死は防げない」と語る孤独死対策の専門家で同会の本庄有由会長に聞いた。

―なぜ戸山団地は孤独死が多いのか。

 約15年前に自治会がなくなり、地域コミュニティーがなくなったためだ。孤独死はコミュニティーの喪失とともに発生する。

 戸山団地は、周辺地域から移り住んできた高齢者が多いため、同世代でも話題が合わず、コミュニティーが形成しづらいという特徴がある。それでも、戸山団地の一区画ごとで小さなコミュニティーができるよう取り組んできたが、温度差はある。ある区画では孤独死がなく、コミュニティー活動も活発だが、別の区画ではまた孤独死が発生し、4月に死後2か月たった遺体が発見された。

―なぜコミュニティーに温度差があるのか。

 その孤独死があった区画は1年前まで、われわれの仲間が見守り活動をしていた。その間は近隣同士の交流もあったが、彼が亡くなって1年もたたずに孤独死を出してしまった。やはり、コミュニティーを活性化させるキーマンの存在が必要だ。

 一方、そういうキーマンがいても、コミュニティーに参加しない人はいる。特に、高学歴だったり、立派な経歴を持ったりする男性の高齢者にそういう人は多く、コミュニティー活動以外の対策も必要だ。

―具体的な有効策は何か。

 自宅に設置した機器のボタン一つで、オペレーターが電話でさまざまな相談を受け付けたり、行政サービスの利用申請を代行するシステムを提供している。最近では、生き死ににかかわるような“重い相談”については僧侶が相談に応じるなど、サービス内容を拡大していて、着実に孤独死の減少に貢献している。4、5年前には、約1100世帯の戸山団地で年間10件以上の孤独死があったが、昨年は総世帯数が倍増したにもかかわらず、孤独死は半減した。

 6月12日からは、このシステムを携帯電話ベースで行うためのモニターテストを開始する。携帯電話であれば、自宅から離れた時の安否確認もできる。電源を入れるだけで安否確認メールを親族などに送信できる機能も加えた。ボタン一つの使いやすさを残しつつ、利用者の費用負担を大幅に減らした。テスト結果を踏まえ、8月上旬をめどに、まずは戸山団地で普及し、将来的には全国の孤独死に悩む地域にも広めていきたいと考えている。

 ある程度ITに頼らないと、孤独死を防ぐことはできない。民生委員も高齢化していて活動範囲に限りがあるし、高齢者の一人暮らしは急激に増加している。高齢者は携帯電話などのITを活用することに抵抗があったり、使いこなせなかったりするという見方があるかもしれないが、全くそんなことはない。むしろ、既に世の中は携帯電話が当たり前にある世界になってしまっており、どんな高齢者でも使いこなせたら手放せなくなる。

 こうしたサービス提供者と利用者の双方でIT活用が進めば、国や自治体、それに地域の資源も生かした福祉サービスの質と量は、飛躍的に向上し、拡大するだろう。


【関連記事】
孤独死防止に僧侶、東京・戸山団地が電話相談を強化
孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市
「老老介護」5324人、「孤立」2734人―東京都世田谷区が高齢者の実態調査

ガス田、早期交渉入り確認=日中首脳が電話会談(時事通信)
27日に「孤独死」の講演会(医療介護CBニュース)
日中首脳が電話会談(時事通信)
菅首相、不透明な対北朝鮮スタンス(産経新聞)
<毎日書道顕彰>三宅相舟さんら3氏に決まる(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。