スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ITなしに孤独死は防げない」(医療介護CBニュース)

 NPO法人「人と人をつなぐ会」は8月上旬をめどに、東京・戸山団地で「見守りケータイサービス」を本格的に開始する。月額1050円の低価格で、高齢者でも操作が簡単な携帯電話を貸し出し、各種相談を受け付けたり、見守り支援サービスを提供したりすることで、社会問題化している「孤独死」の防止を目指す。「IT(情報技術)なしに孤独死は防げない」と語る孤独死対策の専門家で同会の本庄有由会長に聞いた。

―なぜ戸山団地は孤独死が多いのか。

 約15年前に自治会がなくなり、地域コミュニティーがなくなったためだ。孤独死はコミュニティーの喪失とともに発生する。

 戸山団地は、周辺地域から移り住んできた高齢者が多いため、同世代でも話題が合わず、コミュニティーが形成しづらいという特徴がある。それでも、戸山団地の一区画ごとで小さなコミュニティーができるよう取り組んできたが、温度差はある。ある区画では孤独死がなく、コミュニティー活動も活発だが、別の区画ではまた孤独死が発生し、4月に死後2か月たった遺体が発見された。

―なぜコミュニティーに温度差があるのか。

 その孤独死があった区画は1年前まで、われわれの仲間が見守り活動をしていた。その間は近隣同士の交流もあったが、彼が亡くなって1年もたたずに孤独死を出してしまった。やはり、コミュニティーを活性化させるキーマンの存在が必要だ。

 一方、そういうキーマンがいても、コミュニティーに参加しない人はいる。特に、高学歴だったり、立派な経歴を持ったりする男性の高齢者にそういう人は多く、コミュニティー活動以外の対策も必要だ。

―具体的な有効策は何か。

 自宅に設置した機器のボタン一つで、オペレーターが電話でさまざまな相談を受け付けたり、行政サービスの利用申請を代行するシステムを提供している。最近では、生き死ににかかわるような“重い相談”については僧侶が相談に応じるなど、サービス内容を拡大していて、着実に孤独死の減少に貢献している。4、5年前には、約1100世帯の戸山団地で年間10件以上の孤独死があったが、昨年は総世帯数が倍増したにもかかわらず、孤独死は半減した。

 6月12日からは、このシステムを携帯電話ベースで行うためのモニターテストを開始する。携帯電話であれば、自宅から離れた時の安否確認もできる。電源を入れるだけで安否確認メールを親族などに送信できる機能も加えた。ボタン一つの使いやすさを残しつつ、利用者の費用負担を大幅に減らした。テスト結果を踏まえ、8月上旬をめどに、まずは戸山団地で普及し、将来的には全国の孤独死に悩む地域にも広めていきたいと考えている。

 ある程度ITに頼らないと、孤独死を防ぐことはできない。民生委員も高齢化していて活動範囲に限りがあるし、高齢者の一人暮らしは急激に増加している。高齢者は携帯電話などのITを活用することに抵抗があったり、使いこなせなかったりするという見方があるかもしれないが、全くそんなことはない。むしろ、既に世の中は携帯電話が当たり前にある世界になってしまっており、どんな高齢者でも使いこなせたら手放せなくなる。

 こうしたサービス提供者と利用者の双方でIT活用が進めば、国や自治体、それに地域の資源も生かした福祉サービスの質と量は、飛躍的に向上し、拡大するだろう。


【関連記事】
孤独死防止に僧侶、東京・戸山団地が電話相談を強化
孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など
独居高齢者の安否、乳酸菌飲料の無料宅配で確認―千葉県成田市
「老老介護」5324人、「孤立」2734人―東京都世田谷区が高齢者の実態調査

ガス田、早期交渉入り確認=日中首脳が電話会談(時事通信)
27日に「孤独死」の講演会(医療介護CBニュース)
日中首脳が電話会談(時事通信)
菅首相、不透明な対北朝鮮スタンス(産経新聞)
<毎日書道顕彰>三宅相舟さんら3氏に決まる(毎日新聞)
スポンサーサイト

<鳩山首相辞任>名護市長が失望感(毎日新聞)

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は2日午前、札幌市内で報道陣に「鳩山首相は選挙期間中から『国外、最低でも県外』と(沖縄)県民に期待を持たせながら、失望のどん底に突き落とした。辞任したからそれでいい、とはならない」と鳩山首相を手厳しく批判した。そのうえで「『言葉の軽さ』で片付けられても受け入れられない。政権交代で基地問題に関する沖縄の立場が変わると思ったが、ブーメランのように戻ってきた。政権交代って何だったのだろうか、と思う」と失望感をあらわにした。【木村光則】

【関連ニュース】
鳩山首相辞任:迷走の果て…支持率急落、投げ出す結果に
鳩山首相辞任:「幹事長も辞職を」…小沢氏「わかった」
鳩山首相辞任:自民、参院選影響見極め
鳩山首相辞任:4日に新代表選出 国会延長せず
鳩山首相辞任:「誰が首相でも合意履行を」普天間で米高官

大久保被告の弁護人が特別抗告(産経新聞)
<民主党>公約半分は着手と自賛--集計(毎日新聞)
首都圏で歯科展開の医療法人社団が破産(医療介護CBニュース)
受信料不払い「強制執行は当然」NHK経営委長(読売新聞)
<不同意堕胎>医師「流産させた」 容疑の一部認める供述(毎日新聞)

主力級の種牛5頭陰性…4回目検査(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、県は26日、経過観察中の主力級種牛5頭について、25日に採取した検体が陰性だったことを明らかにした。

 7回の検査のうちの4回目。

 一方、一般家畜の感染拡大は続いており、25日夜には新たに同県川南(かわみなみ)など4町、26日には3町の計18農場が加わり、発生(疑い例も含む)は2市5町の218施設、殺処分される家畜は合計15万2357頭に達した。木城町(きじょうちょう)では、豚3頭がワクチン接種の2日後に発症したことが判明。県は「ワクチンの影響ではなく接種の効果が出る前に発症した」と説明している。

普天間移設「辺野古」を日米首脳間で確認へ(読売新聞)
ブタの啓発カーで投票よびかけ シャボン玉噴射も(産経新聞)
昨年度の医療用薬市場は6.3%増の8兆8968億円(医療介護CBニュース)
★独自★関学生らデリヘル経営、逮捕 少女雇い多額利益(産経新聞)
<サイバー大学>世界遺産学部の募集停止へ(毎日新聞)

家出少女に売春あっせん=「神待ちサイト」6人泊める―容疑で30歳男逮捕・警視庁(時事通信)

 家出中の少女らが宿泊場所を求めるインターネットの「神待ちサイト」で知り合った女子中学生を自宅に泊め、売春をあっせんしたとして、警視庁少年育成課と東京空港署は18日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑などで、東京都豊島区上池袋、プログラマー横田幸之介容疑者(30)を再逮捕した。 

【関連ニュース】
女子中生に売春あっせん=容疑で32歳主婦逮捕
ネット掲示板に男児ポルノ=開設の男子高生ら27人摘発
児童ポルノサイト遮断、年度内に=法的課題を整理
ランキングサイトを削除要請=児童ポルノ紹介、運営4社に
検察官が遅刻、不在のまま判決=裁判官気付かず、再度言い渡し

普天間、5月決着断念=地元、米との合意困難-政府(時事通信)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑-大阪府警(時事通信)
入札巡り200万円収賄容疑、空自技官を逮捕(読売新聞)
バラ 甘い香り満開 名古屋・鶴舞公園(毎日新聞)
<自民党島根県連>青木幹雄氏長男擁立へ 参院選(毎日新聞)

ホリエモンの有料メルマガ 読者急増で1億円ゲット間近(J-CASTニュース)

 ホリエモンこと堀江貴文さんが、自身の有料メールマガジンからの売り上げが年間1億円に達しそうだ、と明かしている。ブログやメルマガで稼ぎたいという人は昔からいるが、儲かったという話はあまり聞かない。ホリエモンはどうやって高収入を得たのか。

 ホリエモンが有料メルマガ「堀江貴文のブログでは言えない話」を始めたのは2010年2月。月に4回、毎週月曜日に配信している。経済情報から芸能界の裏話まで、ブログに書きたいことは山ほどあるが、タダで公開するのはもったいない、と思いついた。内容は国会議員との対談や、強制執行を受けた時の様子、かつて社長を務めたライブドアが韓国企業に買収された事に対する意見などが書かれている。

■月840円に「お得感」を持たせている

 2010年4月30日付けの朝日新聞電子版「メディア激変24」のインタビューにホリエモンが答えている。

 それによると、有料メールマガジンは月額840円。ここで培ったノウハウを広げて新しいメディアを作りたいと思っているそうで、

  「すでに数千人の読者がいて、今年中に1万人はいくはず。そうなれば売り上げだけで年ざっと1億円になる」

と皮算用している。

 ホリエモンに聞いてみると「2010年中に売り上げ1億円になる可能性があるのは確かだ」という答えが返ってきた。ポイントは有料購読者をいかに増やすか。そのため、出演するすべての媒体や、ブログ、著書、トークライブなどで自身のメルマガをアピールしているのだという。

 そして、「徹底的に読者サービスをすること。読者からのクレームや要望をできるだけ早く実現することなどを心がけている」

と説明する。メルマガのQ&Aコーナーでは簡単なコンサルティングをしていて、月840円に「お得感」を持たせている。

■購読料月2万1千円というメルマガもある

 ただし、有料メルマガ開始間もなく1万人の読者に達するのは、ホリエモンならではの情報、分析があるからで、普通の人が簡単に高収入を得るのは至難の業だ。

 ホリエモンが使っているメールマガジン最大手「まぐまぐ」の広報によると、有料メルマガで年1千万円稼いだり、これだけで生計を立てている人は結構いるという。購読料は月に100円からで、額は筆者が決める。中には購読料が月に2万1千円という例もある。投資情報が週に1回更新されるメルマガだ。

 また、購読料の60%が筆者に支払われため、単行本と比べれば高収入が期待できるとし、サラリーマンを辞めてチャレンジする人もいるそうだ。

  「読者が増えればそれだけ収入に結びつきます。高収入を得るポイントはどれだけ独自の情報を発信できるかです」

と同社広報は話している。


■関連記事
「なぜ自分のところにだけ」 強制執行に ホリエモン憤慨 : 2010/03/11
「若者に起業勧めるのは嘘つき」 ひろゆきがホリエモンに反論? : 2010/03/16
鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず : 2010/05/06
今蘇る、江藤淳さんから「小沢一郎」への遺言 : 2010/05/06
中小企業の部長と大企業の課長 給料高いのは? : 2010/05/06

インド軍との物資融通検討=国際貢献で連携、対中けん制も-防衛省(時事通信)
<としまえん>「フライングカーペット」から少年転落し負傷(毎日新聞)
【フラッシュナビ】春版大掃除の実践者、2年前から43・9%増(産経新聞)
【静かな有事】第4部 少子化を止めろ(5)危機感が世論を生み出す(産経新聞)
<草競馬>一線を退いた23頭のサラブレッドが疾走…三重(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。